2007年12月19日

賞状をもらう

2006年11月26日(日曜日)

夕方にバレーのスタジオで、試験に合格した人たちへの、賞状の授与式が行われた。

僕も合格したので、試験のときに来たユニフォームをまた着て、パパとママと出かけた。あたりはすっかり暗くなって、ちょっと怖かった。

スタジオに行くと、子供達だけでなく、保護者も一杯で、僕はちょっと不安になったが、ママが僕のすぐ後ろにすわっていたのでちょっと安心した。

いよいよ、プレゼンテーションが始まり、最初は、僕達ちびっ子部門からだった。

いきなり、「オラ二オス クリストドゥルゥ」と一番に僕の名前が呼ばれてしまった。呼ばれた人は前に出て行かなければならない。

ママは、内心、よりによって僕が一番なんて、先生に、友達と一緒にお願いしますって、言えばよかったと、後悔。 僕がためらっているのを見て、自分も一緒にいっても良いですか?といおうとしたときに、またもう一度、僕の名前が、呼ばれた。

僕は、ママのところをもう一度見て、大丈夫だよ、と言うままの表情をみて、立ち上がり前へ出て行った。

先生から賞状とメダルをもらい、先生と一緒に写真を撮ってもらうまで、恥ずかしくて、緊張はしたものの、泣きもせずに、無事に僕の番が終わり、みんなからたくさんの拍手をもらった。

去年、学校でゴールデンルールの表彰の時に、前に行くのを嫌がって大泣きした事を考えると、また、すごい進歩だった。
posted by なんでさん at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。