2007年09月28日

パラが来る

2006年11月24日(金曜日)

その夜、僕が寝てから(ママも)11時ごろに、パパが来た。
ママは、音がしたので、眠い眼をこすりながら下に下りていくと、パパがかごから、子猫を出しているところだった。
小さなかわいい三毛猫。その猫は、物怖じもせずに家の中を探索し始めた。

かごの中にずっと閉じ込められていたので、開放感であちこち見て周っているんだと、ママはパパに言うと、車の中でかごから飛び出し、あっちこっち飛び回っていたらしい。パパの肩にもちょこんとのったりして、その姿を想像すると、かなりこっけいである。CCTVにあやしい頭の運転手が撮られていたかも知れない。

パパとママは、僕の喜ぶ姿を早く見たかったが、真夜中なので、僕の寝ている側にそーーと猫を置いて、小声で“猫がきたよー”と言って、朝までのお楽しみにするつもりだったが、僕は起きてしまった。そして、子猫が僕のすぐ眼の前にいるのを見てしまってからは、もう興奮して、朝まで眠れなかった。



posted by なんでさん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。