2007年07月01日

放課後の会話練習(6)

2006年11月21日(火曜日)

放課後に、学校内をママと歩きながら話をする作戦は、あまりうまく行かなかったので、今日からは放課後,誰もいない教室で、ママと話をすることにした。

誰も入ってこないように、二つある出入り口のドアには、「Don’t disturb」のとかいた紙を張って、10分ぐらいママと二人だけで過ごした。

僕は、誰もいないことをいいことに、ホワイトボードに自由に電車、London、火山の絵を描き、

 「でんしゃ、ロンドン、ボルケーノー!」と、ささやきながらいっぱい描いた。

小さいながらも、言葉を発する事が出来たので、今回は、まずまずの出来だった。

やはり、放課後とはいえ人が行き来する学校内はなかなか落ち着いて話せない。

教室で、誰も入ってこないとなると、安心して声も出やすくなるのだろう。

これからが、楽しみだ。

posted by なんでさん at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 場面緘黙症治療(Year 1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。