2007年02月21日

Science Museum(2)

2006年10月25日(火曜日)

South Kensingtonに着くと、僕たちだけでなく、他にも親子連れがたくさん降りた。駅のホームにもたくさん人がいた。

エスカレーターを上って、改札に近づくにつれもっと人が一杯になった。

一体どうしたんだろう?パパの所の駅はこんな事はないのに。。。

人が多いので、改札もあきっぱなしで、駅員さんたちが人々を誘導している。

僕たちも人ごみの後について改札をでた。それでもまだ駅の構内。ママは早速Museumに、向かおうと出口へ向かった。

すると、何かに引っ張られて、なかなか進まない。何かと思ったら、僕がママのコートを引っ張って、外に出たくないと必死になっている。

「どうしたの?Museumには行きたくないの?」

なだめるママに、僕は一言「行きたくない。。」

「えーーーーー、なんだよー、せっかくココまで来たのに。。。」

と、口には出さなかったが、ママは不満! でも、よーくみると、僕が不安げな顔をしている。

「オラ君、どうしたの? 人がいっぱいで怖いの?」

僕のところを心配しながらも、せっかく来たんだから、Museum には絶対行きたいと思っていた。ママも行った事がなかったので。

僕は何も言わなかったが、外に出るのが本当に怖かった。初めてのところなので、何があるか分からない。

今度は、ママは、反対側の出口から出ようと試みた。

それでも、僕はかたくなに外に出る事を拒んだ。

両方の出口の間を行ったり来たり。おなかもすいてきた。

仕方無しに、ママがサンドイッチを駅の構内のお店で買って、その辺の壁にもたれて食べた。

おなかがいっぱいになれば、すこしは落ち着いて来て、大丈夫になるかもしれないと、ママは思ったが、それでも僕は出たくなかった。

やれやれ、そんなに行きたくなかったら、帰ろうか、と、また改札の方に向かうと、地下道を発見!

そこを通れば、Science Museumだけでなく、他のNatural History Museum やVictoria and Albert Museum へも外に出ずに行ける。

入り口から中を見ると、ロンドンの地下鉄のマークが見えた。
僕はなんだかそっちの方へ行ってみたいという気持ちになった。

ママは、僕が本当に行きたいか、もう一度確認して、地下道向かった。

続く....


posted by なんでさん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。