2006年12月16日

F ちゃんの誕生パーティー

2006年9月30日(土)

10時に、バレーが終わるといったん家に帰り、着替えをして11時からの誕生パーティーに出かけた。場所は、Play Bayという室内の遊び場で、そこでのパーティーはこれで3度目だった。

ママはすごく具合が悪かったにもかかわらず、パパは僕について誕生パーティーに行くのはいやだと言うので、ママは、薬で、何とか持ち直し、僕についていてくれた。

案の定、僕はなかなかなじめなく、ママを引っ張りまわしていた。

土曜日だったので、パーティーに来た子供達だけでなく、普通に遊びに来た子どもや保護者がたくさんいたので、余計に、僕は不安だった。

ママは、他の人たちにうつすといけないので、僕の見えるところにいるからと、すこし離れたところに座っていた。

それでも、僕はしょっちゅうママの所へ戻って、腕を引っ張り、まま、まま、としがみついていた。

ママも、ちょっとうんざり。あー、他のお母さん達みたいに、僕を置いていけたらどんなに楽だろうと、心の中で思ったりもした。

そのうちに、僕の一番の仲良しのPちゃんが来て、僕もようやくママから離れて遊べるようになった。

お昼だったので、おなかがとてもすいて、遊びながらも食べ物のことばかり考えていた。

ようやく、みんな席について、お昼を食べ始めると、僕も、食欲はばっちり。もりもりいろんなものを食べた。特にお菓子は、また、ここぞとばかりに一杯食べた。

おなかも満足して、僕はまた仲良しのPちゃんにくっついてダンスしたり、きゃーと叫んだりして、思い切り遊んだ。

そして、主役のFちゃんのお姉さんが、ダンスをする部屋にはいってきて、P ちゃんに
「あなたは、Pね!」と言ったので、僕も、そのお姉さんに、僕は?僕は?と言うように、自分のことをゆびさした。

「あなたは、オラ二オスね! 妹がクラスの写真を見せてくれたから、みんな名前、わかるわ。」 と、僕の名前もちゃんと言ってくれたので、うれしかった。

初めて会った人に、自分からそんなふうに接するなんて、珍しいと、側で見ていたママは思ったが、これも、楽しく遊んでいたので、バリアもはずれ自然にできた事なんだなーと、うれしくも思った。

パーティーが終わりに近づくと、他のお友達のおかあさんやお父さんが迎えに来て、それぞれパーティバッグをもらって、帰っていった。

僕は、おなかが一杯にもかかわらず、バッグの中のケーキも家に帰る途中で食べてしまった。

僕は楽しく過ごせたけど、ママは、具合が悪くて辛そうだった。

僕ももう少し大きくなったら、ママがいなくても一人でいられるようになるかな......

posted by なんでさん at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校生活(Year 1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年、明けましておめでとうございます。
初めまして。ゆきんこと申します。

私は2004年から前職でABA(応用行動分析学)を独学し、主に就学前の自閉症のお子さん方に家庭教師先や保育所・療育施設等で試みていました。
2005年の暮れから弥生桜さんのブログを初め、数は少ないですが緘黙の方々とのブログつながりで、こちらに訪問させていただきました。

新年早々、初コメントで詳しく拝見していませんが、オラニオス君の指導プログラムは、私が試みてきた過程と類似しているように感じています。
2004年、国際カップルのご夫妻と自閉症のお子さん方に、行動療法の英語の文献をご紹介いただき、クリスマス・パーティーを楽しんだことが思い起こされました。

今後とも、ご指導・ご鞭撻のほど、宜しく御願いいたします。
まだまだ拙い私ですが、前職の経験が少しでも、
緘黙の方々のお役に立てるよう、尽力できればと思っています。

オラニオスくんに、一人ずつ大切なお友だちが増え
笑って過ごす時間が増える2007年でありますように。

Posted by ゆきんこ at 2007年01月01日 15:39
ゆきんこさん

あけましておめでとうございます。
はじめまして。ブログヘの訪問、そしてコメントありがとうございました。

3日からオラ二オスも学校が始まり、私もようやく静かに過ごせる時間が出来ました。
約2週間ほどの休みで、また元に戻ってしまうのではないかと、学校側も私も心配していましたが、アシスタントとのセッションでも、問題なくすぐに話し始めて、周りはホッとしています。

担任への電話でのReading で、担任も息子の読みの能力もどのくらいか検討がついた様で、レベル別に座っているテーブルも、一つ上に上がりました。

新学期、とりあえずいいスタートを切ったように思われます。

学校側がよくサポートしてくれて、その成果も上がってきているので、私はあまり勉強をしていないのが現状ですので、私のほうこそ、ゆきんこさんの勉強なさった事や試みてきた事など、教えていただきたいです。

これからも、息子の学校内外の様子、治療過程や結果等を綴って行きたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。

>オラニオスくんに、一人ずつ大切なお友だちが増え笑って過ごす時間が増える2007年でありますように。

ありがとうございます。私もそう願っています。

ゆきんこさんにとっても、実りのあるすばらしい2007年でありますように。
Posted by なんでさん at 2007年01月04日 20:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。