2006年05月26日

治療プログラム(1)

第一回(2006年4月26日 水曜日)

いよいよ僕の場面緘黙症治療が始まった。

ママは決められた時間よりも少し早めに着いた。

僕は、ママが外を通るのが見えたので、窓のところに走りよって、ママに手を振った。 先生もそれに気が付いて、準備を始めた。
ママが、受付で学校に来た訳を話すと、訪問者用のノートブックにサインと、入った日付を書くようにと支持された。

それが終わると、中に入れてもらい受付の人が僕とアシスタントの先生に、ママが待ってる事を告げに来た。

僕はアシスタントの先生に手をひかれて、廊下に出ると、ママが椅子に座って待っていた。

「ハロー、マミー!」と、アシスタントの先生は陽気に挨拶するが、僕は無言。

そして、3人で、スピーチセラピーの部屋に向かった。

講堂を通りぬけたら一発で行けるのに、その日は、どっかのクラスがPEをやっていたので、別のルートで行かなければならなかった。

まずは、図書館を通り抜け、廊下に出て、講堂の反対の入り口から入り、みんなの邪魔をしないように、端っこを歩いて、また別なドアから出て、廊下を少し歩いてその部屋にたどり着いた。まるで迷路のようだった。

さて、いよいよ本番。

初日だから、部屋の戸は閉めておいた。そして、アシスタントの先生は椅子に座って廊下で、僕達のやり取りを聞いていた。

僕は、ママが来てくれたのはうれしかったが、他のお友達と教室で遊んでいる途中だったので、早く教室に戻りたかった。

ママは僕が大好きな猫のぬいぐるみを持ってきた。

僕は時々家でこのぬいぐるみたちと話をしているので、会話のきっかけにいいと思ったからだ。

僕はこの猫達に名前をつけた。ナディス(三毛猫)とパラ(黒猫)だ。

ママが、ナディスをもって、パラを僕に渡し、

「ハロー、パラ!」

と会話を始めた。

が、僕はそうやすやすと乗ってこない。しかも、ママはいつもと違う。パパのようにお話している。僕は不自然さを感じたが、ママがいるので緊張はそんなにしなかった。

次に、ママが目をつけたのは、大昔に、ドレミファドンという番組で、使っていた海賊ゲーム。
剣を樽に刺して行き、海賊が飛び出したら、負け。
ママは、とっても懐かしく思い、僕を呼んで遊び始めた。

僕も最初はちょっとだけやってみたが、すぐに飽きて、部屋の中をふらふらと歩いた。

ママは、僕がおしっこに行きたいのだと思い、
「Do you need to go to the toilet?] と、訊いてきたが、
僕は「NO]といい、シャボン玉に飛びついた。
そして、いつものようにシャボン玉で遊び始めた。

僕が大きいシャボン玉を作ったとき、ママに、
「Look at this!] と大きな声で言った。 そしてこのあとから、僕は、アシスタントの先生が廊下で聞いているのを忘れたかのように、いろいろしゃべった。このときは、自然に英語でしゃべっていた。

10分位遊んで僕はまたママに、
「Can I go back to the class?]と訊いた。

ママも疲れたので、ドアを開けてアシスタントの先生に、教室に戻ってもいいか、訊いた。

先生は、ちょっと興奮気味だった。

「オラ二オス、Look at this!って、言ったわよね!初めてオラ二オスがじゃべったの聞いて鳥肌がたったわ!教室に戻りたいのね!じゃ、今日はこの辺で終わりましょう] 

初の試みは、学校の誰かが僕が英語でしゃべるのをきいた点では、大成功だったらしい。 

まだ、帰りの時間には少しあったので、アシスタントの先生は、ママに、お茶を勧めてくれて、ママは職員室に通され、僕達が終わるまでお茶を飲みながら待った。

その日は、お天気も良かったので、今後の見通しも明るくなるように思われた。
posted by なんでさん at 17:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 場面緘黙症治療(Reception Year) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。昨夜偶然にこのブログを発見し、早速お邪魔させていただきました。私はロンドンに住んでいて、現地校に通っている5歳(8月で6歳、現在Y1)のハーフの息子がいます。イギリスで同じような状況の人がいると知り、とても心強いです。息子は昨年1月に小学校に入ってから緘黙・緘動になり、現在教室内では殆どの先生と複数の友達に耳元でささやけるようになるまで回復しています。うちの学校はSpecial Needsの子供達を多く受け入れているため、人手不足でキーワーカーもつけられない状態。SMIRAに入会して学校に資料提供したりと、頑張ってこちらから働きかけています。その点、オラニオス君はとても恵まれてますね。よろしかったら、情報交換していただけませんか?どうぞ宜しくお願いします。

Posted by みく at 2006年05月27日 20:39
みくさんへ
ブログへの訪問ありがとうございました。
私も、是非、情報交換させていただきたいと思います。
みくさんへメールを送りましたので、よろしくお願いします。

Posted by なんでさん at 2006年05月27日 21:39
こんばんは
なんでさんお久しぶりです。
みくさんはじめまして。
私は8歳になったばかりの黙している息子の母をしています。
全く問題のない6歳の息子もいます。
現在オーストラリア在住ですが、主人はイギリス人です。
みくさんはひょっとしてA**L君のお母さんかな?
私もSMIRATALKの会員なのでメールが届きます。
良かったら私も情報交換の仲間に入れてくださいね。
ちなみに色んなSMのサイトやボードでSMの子にはオメガ3とビタミンBを与えると良いとありましたので、だめもとで1ヶ月くらい前から子供達に飲ませてます。
それで長男に劇的な変化がここ2週間くらいあったのですがお二方も試されてはいかがでしょうか?
私が購入しているものはスーパーの健康食品コーナーで買える安物?です。
変化は私の仕事場に電話としてきて私に取り次いでと頼めるようになったこと。
接点のない人と普通に話せることもあるようになったこと。
お友達の前でも私に耳打ちで話せるようになって、友達のお母さん達の前で小さい声だけど耳打ちではなく私に話せるようになったことなどです。
あと学校に行くとよく心臓がバクバクして痛かったのがなくなったと今朝言ってました。
(ええ???そんな状態だったの?学校で????今まで何も教えてくれなかったじゃない!!!)結構私にはショックな発言でしたがNOT ANYMOREといって言ってたのでよかったという事にしておきます。
1年くらい前までは学校から戻るなり嘔吐すると言うのがよくありました。学校は楽しいと言ってましたけどやっぱり学校になれるまではストレスがたまってたのでしょうね。
今は殆んどなくなったので胸をなでおろしてますが。
オラ君とみくさんのお子さんはそんなことありました?

それではまた

KIKI

Posted by kiki at 2006年06月08日 22:34
こんばんは
なんでさんお久しぶりです。
みくさんはじめまして。
私は8歳になったばかりの黙している息子の母をしています。全く問題のない6歳の息子もいます。
現在オーストラリア在住ですが、主人はイギリス人です。みくさんはひょっとしてA**L君のお母さんかな?
私もSMIRATALKの会員なのでメールが届きます。
良かったら私も情報交換の仲間に入れてくださいね。
ちなみに色んなSMのサイトやボードでSMの子にはオメガ3とビタミンBを与えると良いとありましたので、だめもとで1ヶ月くらい前から子供達に飲ませてます。
それで長男に劇的な変化がここ2週間くらいあったのですがお二方も試されてはいかがでしょうか?
私が購入しているものはスーパーの健康食品コーナーで買える安物?です。
変化は私の仕事場に電話としてきて私に取り次いでと頼めるようになったこと。
接点のない人と普通に話せることもあるようになったこと。
お友達の前でも私に耳打ちで話せるようになって、友達のお母さん達の前で小さい声だけど耳打ちではなく私に話せるようになったことなどです。
あと学校に行くとよく心臓がバクバクして痛かったのがなくなったと今朝言ってました。
(ええ???そんな状態だったの?学校で????今まで何も教えてくれなかったじゃない!!!)結構私にはショックな発言でしたがNOT ANYMOREといって言ってたのでよかったという事にしておきます。1年くらい前までは学校から戻るなり嘔吐すると言うのがよくありました。学校は楽しいと言ってましたけどやっぱり学校になれるまではストレスがたまってたのでしょうね。
今は殆んどなくなったので胸をなでおろしてますが。
オラ君とみくさんのお子さんはそんなことありました?

それではまた

Posted by kiki at 2006年06月08日 22:39
kikiさん おはようございます。オメガ3とビタミンBの情報ありがとうございました。オメガ3は脳の働きを活発にするとは聞いていたのですが。ビタミンBとのコンビネーションが緊張を和らげるのに効果的なんでしょうか?私も早速試してみたいです。ちなみにビタミンBは何でも良いのでしょうか?B1とかB2とか?
お子さんの変化、本当によかったですね。学校で心臓がばくばくして痛かったなんて、すごく緊張してストレスがたまっていたんですね。それもなくなったようで、本当によかった。
オラ二オスは、嘔吐するということはないですが、ただ、トイレが言えずに、ぬれてくる事とか(これは、トイレカードを使って先生に伝える事が出来るようになったので、今では学校でのアクシデントはありませんが)学校から出ると家まで我慢できずに、途中で、とか、家に帰るとトイレにダッシュ(大きいほうで)なんてことがいまだにあります。緊張でおなかが痛くなるのかわかりませんが、最近多いですね。
Posted by なんでさん at 2006年06月09日 20:45
kikiさんはじめまして。
その通り、私はAの母親です。
またまたお仲間が増えて、心強い限りです。
どうぞよろしくお願いします。
息子さん、劇的に回復されて、本当に良かったですね。うちは昨年からオメガ3は飲ませているんですが、そうですかビタミンBとのコンビネーションが効くんですね。ということは、オメガ3とマルチビタミンで大丈夫なのでしょうか?うちの息子は昨年まで魚が大好きで、一日おきに魚を食べさせていたんですが、ある日魚屋さんで「オメガ3は取りすぎたら駄目」と言われたんです(根拠があるのかは不明)。鯖とサケを食べた日はサプリメント与えないようにしていたら、ついサプリメントを忘れがちになって、最近は滞ってました...。元々魚はたくさん食べていたので、オメガ3だけの効果は不明です。でも、明日からコンビで頑張ってみますね。
ストレスの話ですが、うちの息子の場合は昨年春に緘動状態になってしまい、もう一歩で登校拒否という感じでした。殆ど毎日、朝起きた時と夜寝る前に「学校に行きたくない」と泣き、登校途中でストレス性の腹痛とか膝通を起こしていました。母子ともども辛かったです。でも、ここで休むと学校に行けなくなると思い、強制的に連れて行きました。「学校に行きたくない」と言わなくなったのは、つい最近なんですよ。とほほ。
緘黙児は人一倍周りに敏感だし、いつも気を使っているのでストレスがたまりやすいんでしょうね。
サプリメントで効果が出たら、またご報告します。
もしよろしかったら、メールくださいね。
Posted by みく at 2006年06月13日 07:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。