2006年05月11日

制服(1)

学校が始まる前に、制服も用意しなくちゃならなかった。

日本の公立学校だと、小学校は制服はないが、こっちはあるのだ。

学校体験のときに、講堂には試着用の制服が並んであって、サイズを
確認できたのに、僕はかたくなに拒んだ。何せ、僕は学校は公文だと思っていて、すぐに帰りたかったから。着てみるだけでなく、体に当てるだけでもいやだった。ママは、途方にくれて、ため息をついていると、そこにいた係りの人が、

 「学校のロゴが付いているものは、持っていたほうがいいけど、あとのものは、街で、適当なものを買ってもいいですよ。」
と言ってくれた。 

色さえ同じようなものであれば、別に学校で買わなくてもいいとのこと。

ママの友達にも聞いてみると、制服は決まっているが、違うものを着ていても、学校側はそれをとがめる権利はないとのことだ。

時々、ど派手なタイツをはいてくる女の子もいるそうだ。

だからと言って、まるっきり違うへんてこりんな服を着せるわけには行かない。

一応、制服は、次のようなものと指定されている。

   
 紺のトレーナー
  白いポロシャツ 
  白いTシャツ
  紺のジョギングパンツ

または、

  グレーのズボン(ウエストはゴム)
  紺のスカート、または ジャンパースカート(女の子)

夏用
  紺かグレーのショートパンツ(ちゃんとしたもの)
  青いチェックのワンピース(女の子)

コート
  適当な、脱ぎ着が楽なもの(ダークカラーが望ましい)

体操着
  白いT-シャツ
  紺のショートパンツ
  紺の体操着入れ
  ズック

靴 黒か紺のマジックテープか、バックルが付いたもの
  夏は、黒か紺のサンダルでも良い(ただし靴下は履くこと)
  ハイヒール厳禁!(おいおい、言われなきゃはいてくる子供いるの?)

その他
  帽子(ツバつき、後ろも長めで首が隠れる)
  ブックバック(ナイロン製のペラペラ)

ふーーー、何だかいっぱい揃えなきゃいけないように思えてきた。


僕達は、早速、テスコ(大型スーパー)に行ってみた。
posted by なんでさん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。