2006年05月05日

家庭訪問 (2)

ママが飲み物を用意している間に、パパが先生達の相手をしていた。 何を話しているのか、相変らず笑わせている。 インタビューに来たのになかなか進まない。 ママが飲み物を運んできてから、ようやく本題に入ったようだ。

先生は、僕の事とか、家庭のことなどパパとママにいろいろ質問していた。その間、アシスタントの先生は、僕のところに来て、遊ぼうとしていた。が、僕は何もしゃべらず遊びもせず、ママのところへ「ままー、ままー」としがみついていた。アシスタントの先生が僕と遊ぶのをあきらめると、僕はまたDVDプレーヤーの所へ行き、PLAYのボタンを押す機会を狙っていたのだった。

インタビューが一通り終わると、先生達は、
「どんなに些細な事でも、気になる事や困った事があったら、いつでも言ってくださいね。学校からの手紙でも、何かわからないことがあったら遠慮無しに聞いてくださいね。」と優しい言葉をかけてくれた。 ママは外国人なので、気を使ってくれている。 ありがたいことだ、とママは思った。

すると、パパはまた、
「ディケンズの時代とは違って、今は学校は本当に親切ですねー。」とおどけて言うと、先生も、
「あの時代は、自分のことは自分でなんとかしなさい!とピシッと言われてたわよねー。」とパパに合わせて、また大笑い!

と、その時、突然! 奇妙な音楽が流れてきた!!

    ♪ げろげーろげーーーろ ♪









posted by なんでさん at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 入学準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。