2006年12月16日

F ちゃんの誕生パーティー

2006年9月30日(土)

10時に、バレーが終わるといったん家に帰り、着替えをして11時からの誕生パーティーに出かけた。場所は、Play Bayという室内の遊び場で、そこでのパーティーはこれで3度目だった。

ママはすごく具合が悪かったにもかかわらず、パパは僕について誕生パーティーに行くのはいやだと言うので、ママは、薬で、何とか持ち直し、僕についていてくれた。

案の定、僕はなかなかなじめなく、ママを引っ張りまわしていた。

土曜日だったので、パーティーに来た子供達だけでなく、普通に遊びに来た子どもや保護者がたくさんいたので、余計に、僕は不安だった。

ママは、他の人たちにうつすといけないので、僕の見えるところにいるからと、すこし離れたところに座っていた。

それでも、僕はしょっちゅうママの所へ戻って、腕を引っ張り、まま、まま、としがみついていた。

ママも、ちょっとうんざり。あー、他のお母さん達みたいに、僕を置いていけたらどんなに楽だろうと、心の中で思ったりもした。

そのうちに、僕の一番の仲良しのPちゃんが来て、僕もようやくママから離れて遊べるようになった。

お昼だったので、おなかがとてもすいて、遊びながらも食べ物のことばかり考えていた。

ようやく、みんな席について、お昼を食べ始めると、僕も、食欲はばっちり。もりもりいろんなものを食べた。特にお菓子は、また、ここぞとばかりに一杯食べた。

おなかも満足して、僕はまた仲良しのPちゃんにくっついてダンスしたり、きゃーと叫んだりして、思い切り遊んだ。

そして、主役のFちゃんのお姉さんが、ダンスをする部屋にはいってきて、P ちゃんに
「あなたは、Pね!」と言ったので、僕も、そのお姉さんに、僕は?僕は?と言うように、自分のことをゆびさした。

「あなたは、オラ二オスね! 妹がクラスの写真を見せてくれたから、みんな名前、わかるわ。」 と、僕の名前もちゃんと言ってくれたので、うれしかった。

初めて会った人に、自分からそんなふうに接するなんて、珍しいと、側で見ていたママは思ったが、これも、楽しく遊んでいたので、バリアもはずれ自然にできた事なんだなーと、うれしくも思った。

パーティーが終わりに近づくと、他のお友達のおかあさんやお父さんが迎えに来て、それぞれパーティバッグをもらって、帰っていった。

僕は、おなかが一杯にもかかわらず、バッグの中のケーキも家に帰る途中で食べてしまった。

僕は楽しく過ごせたけど、ママは、具合が悪くて辛そうだった。

僕ももう少し大きくなったら、ママがいなくても一人でいられるようになるかな......

posted by なんでさん at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校生活(Year 1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。