2006年05月28日

治療プログラム(2)

第2回(2006年5月3日 水曜日)

次の週の月曜日は、バンクホリディーといって国民の休日だったので、学校もお休み。
当然、僕のセッションもお休み。

したがって、2回目は、初回から一週間たった、同じ水曜日。

その日は、夏を思わせるかのようないいお天気だった。
ママが来たときは、僕達は外で遊んでいた。

他のお友達がママを最初に見つけて、「Look!Your mummy's here!]
と、僕をママの方に向かせた。

僕は、ママが来てうれしかったが、「ママー!」と、走って行きたい気持ちを抑えて、恥ずかしげにうつむいているだけだった。

アシスタントの先生は、ママが少し早めに着いたので、不機嫌そうな、ちょっと困った顔をしていたが、僕をつれて中に入り、いつもの廊下で、ママと合流し、いつもの部屋へ向かった。

今回も、戸は閉めておいた。
ママは、この前と同じように、パパみたいに話すので、僕は、「日本語で話したーィ!」と、ママに訴えた。

が、ママも日本語で話したいのをぐっとこらえて、パパみたいに話し続けた。

僕は、ちょっと変な気持ちだったが、そのうち、英語も混ぜて話し始めた。

僕達は、最初、簡単なパズル(動物の形をした厚紙を半分に切ったもの)で遊んだ。ママが組み立て、僕に質問した。

 ママ 「What’s this?]
 僕  「Dog!]
 ママ 「What’s this?]
 僕  「Rabbit!]

等、簡単なやり取りをした。当然、アシスタントの先生にも聞こえていたはず。 

次に、スキットルという、ボーリングのピンみたいなものを並べて、ボールを投げてピンを倒して遊んだ。

ママ 「Do you want to have a go?]
僕  「OK!]
僕  「Your turn,mama!]

これもまた、先生には聞こえたはず。

それが終わると、僕の得意な電車。僕は、ウイーっといいながら、電車を押して遊んだ。ママは、何とか会話をしようといろいろ話しかけてきたが、僕は電車に夢中で、「ちきっ、ちきっ、」と、電車のリズムを口ずさみ、遊び続けた。ママも、少しの間、僕を勝手に遊ばせておいた。

続きを読む
posted by なんでさん at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 場面緘黙症治療(Reception Year) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。