2006年05月01日

TV ドキュメンタリー(3)

次に、ロバートという9歳の男の子のことを紹介しよう。

彼は、学校では誰にも話をしない。コミュニケーションは、首を立て横に振るか、授業中の先生の質問には、ホワイトボードに書いて答えている。

休み時間には、一人で校庭の隅に立っているだけで、終わるとさっさと教室に入る。

給食のときも、自分が欲しいものを指差すだけだ。

学校以外では、自分の両親と、サミュエルという学校の友達(学校では話さないに)には普通に話している。そして、まったくのストレンジャーなのに、カメラの前でインタビューには応じられる。そこで、語ってくれたのは、

「学校では、話をすることは、ものすごく重荷で、緊張する。本当は、話したいんだけど、何を話して言いかわからないんだ。」

朝、学校へ向かう車の中では、だんだん緊張し始めて、無口になってきて、学校に着く頃には、家にいるときとはまったく別人のようになってしまう。

-- ロバートのような者とは誰も友達になりたいとは思わないだろう。
中学校に進んだら、いじめにあうかもしれない、が、言い返すことも出来ないであろう。このままでは、将来も、パートナーも見つけられず、一人ぼっちで寂しく過ごすようになるのではないか。--

両親の心配は絶えない。

今、何か手を打たなければ、この子はどうなってしまうのであろうか。

悩みに悩んだ挙句、最後の手段として、PROZAC という、抗鬱剤を使うことにした。

 続きを読む
posted by なんでさん at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。