2006年03月31日

初めての学校

9月に学校が始まる前に、3回ほど学校に連れて行かれた。

一回目は、6月30日(木)。その日の午前中は、保育園だった。学校へは1時45分まで行かなければならなかった。 保育園は12時半まで。

ママは、考えた。家に帰ってお昼食べて、また出るのは時間的に、あわただしいしく疲れるし、第一おっくうである。

そこで、保育園でお昼を食べさせる事にした。 保育園でのお昼はこれで2回目。何を食べたかは忘れたが、ほかのお友達と楽しく過ごし、1時半に迎えに来たママと、学校へ向かった。

その学校は、保育園からは5分ぐらいと、近い。それに、僕は、一度保育園の先生に連れられて、ほかのお友達と一緒に来た事があることを、思い出した。

その日の少し前に、チャリティーの一種で、スポンサーからお金を集め、街なかを1マイル(約1.6Km)ほど歩くというイベントに参加したとき、この学校で休憩し、飲み物を飲んで、校庭を走り回った。

だが、中に入るのは初めて。 僕はママの手をぎゅーと握り締め、少し引きずられながら、入っていった。 これからいったい何が始まるんだろうか? 僕は何だか怖くなった。

posted by なんでさん at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

はじめまして

僕の名前はオラ二オス。 何だか神様みたいな名前ねー、と言う人もいたそうだ。 神様とは、ギリシャ神話に出てくる神様の事だと思う。そう、オラ二オスはギリシャの名前。 僕は半分ギリシャ人だから。 名前の意味は、空とかそのようなものらしい。ママは、日本の名前をつけたかったらしいが、ギリシャ軍に圧倒され、この名前に落ち着いた。

僕がロンドンで生まれてから5年と3ヶ月にもなる。 毎日、寝て、食べて、ウンチして、おしっこもして、いっぱい遊んで、いっぱい泣いて、その繰り返しなのに、5年という歳月がすぎたという。 ママが片手でらくらく抱っこできて、何もしゃべれず、歩けもせず、自分ひとりでは何も出来なかった僕が、今では、一人で歩いたり、走ったり、トイレにも行けて、ご飯もたくさん食べて、いっぱいお話も出来るようになった。 そして、何といっても、僕はママの片手どころか両手でさえも、抱っこが苦しくなるほど成長した。 

それでも、僕はまだ5歳。 ママと一緒に居るのが一番大好き!どこに行くにもずーと一緒、そして一緒だった。 しかし、去年の9月に学校に入学してから、僕の生活は大きく変わった。
posted by なんでさん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。